FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長続きする好い加減英語学習




ESSW: English Study Skill Workshop

長続きする好い加減英語学習


覚えた英語を使って身につける訳ですが、英語を使う場面以外でも、英語と断絶しないように工夫することが大切です。

それには、緩やかで好い加減な取り組み姿勢を容認することだと思います。

一方、それを自己欺瞞として断罪してしまえば、少なくともその日は英語と断絶となってしまいます。




次のような好い加減な姿勢を許容して、翌日へつなげることができるでしょうか?


例えば、英語フレーズノートを開かず、ただ触るだけの日があってもよい。

無意味に音読する日があってもよい。

辞書を使わず英語を書く日があってもよい。

文脈、コロケーションから離れて、単語だけしかやらない日があってもよい。

英語を流して聞くだけの日があってもよい。

内容がよく分からないままの英語をシャドーイングをする日があってもよい。




継続していれば、次のような日が増えると思えませんか?



文脈、コロケーションを大切にして文章を読む。

聴くだけで終わらず、声を出して言うようにする。

漫然とした音読で終わらず、少しはread & look-upする。

シャドーイングは、精読して100%近く分かる英文で行う。

英文を書いたり、メールを送ったりする。

英語ノートには、文章以下、フレーズ以上の長さの英語を書くようにする。



「ガチガチ・プッツンより、好い加減で長続き」がいいですね。




質問・相談・・・ 
ここをクリック


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村









スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。