英語フレーズノートによる復習を回数多く、より効果的にするには




ESSW: English Study Skill Workshop

英語フレーズノートによる復習を回数多く、より効果的にするには


英語は実際に使ってみて「獲得」ができます。その準備には、英語フレーズノートをめくって、脳味噌に英語の微弱電流を流し続けるようにします。

ところが、この英語フレーズノート(単語帳風で、フレーズ以上、センテンス以下の長さの英語表現集)を開くのが心理的に苦しくなることがあります。

どうしてかえば、自分との距離が遠いからです。そして、親しみを持てないからです。と言うことは、それが好きでないのですね。

どうしたら、ノートとの距離が縮まり、親しみが持てて、好きになれるのでしょうか。

私は、そのノートを開けると、書き込んだメモやマークが目に飛び込んで来て、それが、苦心して覚えた足跡と感じることができれば、好きになると思います。だから、自由に色々書き込むのですね。それを担保するのが、消えるボールペンです。




記憶の仕方は、read & look-upが良いですね。

look-upは、言うことと書くことです。

両方とも、筋トレのようにやります。




言う場合だったら、歩きながらリズムを取って言うとか、口や喉などの筋肉をしっかり使って声を出すことです。筋トレをやるつもりで声を出さないと、いつまでもうろ覚えだからです。

書くことは効果的ですが、最近私は、カードに英語フレーズを書いて、覚えたら一気に消すやり方が気に入っています。

カードは、覚えるための道具と考えてやります。

胸ポケットに入れておいて、その夜には、一気に消してカタルシスです。





質問・相談・・・ 
ここをクリック


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村









スポンサーサイト