FC2ブログ

英語の覚え方の模索は続くナー

英語の覚え方の模索は続くナー

覚え方については、有効策はこれだ、と有頂天になったり、やはり忘れてしまうと絶望したりしています。ちょっと覚え書き程度で失礼ですが、ぼんやりと見えて来たことを書きます。

英語は使って覚える、覚えて使う、は真実と思うから、使う場面を積極的につくることは大事だ。そして、覚えるためのスキルが大事だ。

勿論、記憶に走る前に必要なことは、理解である。理解はほぼ記憶と言う考え方がある位だからである。

さて、覚えるためのオードドックスな方法は、まず文脈で覚えることである。また、文章を読み、文の中で覚えるには、少なくとも未知語付近の音読をして想起のクルーを作ると良い。

文章の流れから抜き出した文は、自分の忘れがたき体験の思い出に結びつけて覚えるのはどうか。辞書の用例などを参考に大嫌いな人を主語にした文を作って覚えたが結構効果的だった。本当は、もっとポジティブな内容の方が良いとは思う。

英語の原文そのものから離れて覚える場合は、フレーズ集を作ると良い様に思う。フレーズやセンテンスが最小単位だろう。単語単位だと、覚えやすいが忘れやすい。このことは、胆に命じないと何度も同じ間違いを繰り返してしまう。

では、フレーズ集をどう覚えるかについでだが、英語を日本語にする練習と、日本語を英語にする練習のどちらが良いのだろうか。大学入試や資格試験の長文の中に見たことがある単語があると感じたら、これは英語を日本語にする練習の賜物である。英語を喋る、書く、となると、日本語を英語にする力が求められる。

後者の力は、日本語を見て、英語を言うこと、書くことの実践次第である。これをやる人は、周りには、英語の音読をしている様にうつることだろう。言う、書くは、脳のアウトプット部位を使うし、ここを使うと想起力が鍛えられると言われているので有効であると確信する。


これを、何よりも繰り返し粘っこくやることだ。エビングハウスの忘却曲線が示す様に、繰り返しにより、次第に復習に必要な時間が減って行く。そして、いつしか、長期記憶となり、復習が必要なくなる様になる。この繰り返しこそ、やるべきことの大半である。「詮ずるところ学問は、ただ年月長く倦まずおこたらずして、はげみつとむるぞ肝要にて、学びやうは、いかやうにてもよかるべく…」(本居宣長「うい山ふみ」より)


だが、それを更に効果的にするにはどうするか。先ずは、記憶できたフレーズを視界から消し、残りに集中できる様にすることがある。それから、テスト効果についての理解を深め、自分一人でもできるクイズを繰り返しやることである。マジックナンバー7±2を活用し、フレーズのある程度のまとまり毎に、クイズで満点を取れまで先に進まない様にすると、上滑りの記憶を回避できる。


質問等はここをクリックしてください。


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村










大きい文字
スポンサーサイト