FC2ブログ

訂正版 デジタルとアナログの相乗効果を使って英語力をつける

ESSW: English Study Skill Workshop

訂正版 デジタルとアナログの相乗効果を使って英語力をつける

前回の版は分かりにくかったので、今回はその訂正版です。

簡単なデータベースなら、エクセルですぐ作れる。
自分は、以下の作り方をしている。

先ず「日本語訳、英語フレーズ、連番、記憶度」を入力してフレーズ集を作る。
次にエクセルの「挿入」を選択し、「テーブル」を選択ればデータベースとなる。
連番を振るには、「フィル」を選択し、「連続データの作成」を選択する。

これを上手く使うと、色々な視点から整理できる。
例えば、日本語欄を昇順で並び替えれば、和英辞書風になり、概念グループが作れる。
英語欄で“dis”で始まる語や“sci”が含まれる語を抽出するのも簡単にできる。
記憶度欄に、aやbの記号をつけておけば、記憶度毎の抽出が楽である。
連番欄があれば、他の欄をいじった後で、すっきりと元に戻すことができる。
いずれも、エクセルの▼記号を選択すれば良い。
こういう類の整理はアナログでは難しいので、コンピュータでやると良い。

一方、記憶をするには、やはりアナログが良い様だ。
自分は、次の様なやり方をしている。
先ず、エクセルの記憶度欄から記憶度が低いものを抽出しA4紙に印刷をする。
その紙に、シャープペンシルで手書きをしたり、「○」をつけてハイライトをしたり、「/」で削除したりして、次々と先に進むのが効果的だと思う。
その際は、声を出して書くというアウトプットをすると、テスト効果が出る。
A4の裏表を使うと100のフレーズを印刷できる。
「覚えても捨てない」様にすると、復習する際に、紙面の苦労の跡が「親しみ」を感じさせ、意欲を生む様だ。
デジタルだと、いつもまっさらで、この「親しみ」が無い。
尚、どうしても捨てたい場合は、その前にPDFファイルにして一応保存しておくと良い。

今のところ、デジタルとアナログの両方を使って効果を出そうとしている。

エクセルにデジタルペンで手書きをし、ハイライトを色違いにする、とデジタルだけで完結するが、これが有効かどうかは課題である。



質問等はここをクリックしてください。


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村










スポンサーサイト