FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語を最初からやり直すならば ②書いた英語をその日に身につける




ESSW: English Study Skill Workshop

英語を最初からやり直すならば ②書いた英語をその日に身につける




ちょっと変わったやり方を紹介します。

カードかノートに使いたいと思った英語をジャンジャン書きます。

その英語は、ウエブや対訳本などで読んだものであったり、聴き取れなかったので、会話相手に書いてもらったものであったり、例えば「こぼれた水を拭き取る」は英語で何と言うのかを調べたものなどです。

英語の長さは、コロケーションを意識して、フレーズ以上センテンス以下が理想です。

主語は、その動作をしそうな人にしておくと想起しやすくなります。

それをread & look-upで覚えたり、言い換えて使ってみたり、「こぼれた水を拭き取る」場面に出くわす度にその英語を使ってみて、その日のうちに身につけるようにします。

一気消しができるので、消えるボールペンがお薦めです。

書いたものが貯まったら、デジカメで数十枚を撮影して残して、ノートやカードは一気消しをして、また使えるようにします。

デジカメやスキャナーで取り込んだ中から、後日また書き出すこともあるでしょう。

これは、机上の学問型と違うので、戸惑われるかも知れませんが、その日のうちに身につけようと努力し、晩には、一気に消すので達成感があります。

こういうノートは生涯大切にしたいと思います。(デジカメで撮影したものも含みます)

一方、いわゆるノート作りはしないし、単語帳も作らないので、相当時短が図れます。

もし、あなたが中学生ならば、対訳が書いてある教科書ガイドにアンダーラインを引いてread & look-upをしたり、音読したりすると良いでしょう。

アンダーラインをしたうちで身につきにくい箇所にはマーカーでハイライトし、今度はその箇所だけ復習しましょう。



質問・相談・・・ 
ここをクリック


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村









スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。