声を出して覚えるか、書いて覚えるか?




ESSW: English Study Skill Workshop

声を出して覚えるか、書いて覚えるか?

英文の覚え方に、シャドーイング、音読、暗唱、read & look-up、多読(多聴)等々ありますね。色々試してみて自らに合ったやり方を探して下さい。

ここでは、「声に出して覚える」か「書いて覚えるか」という昔からの問題を考えて見ます。




以前、音読をある生徒に勧めたら、「英語ばかりやっていられない」と言う生徒がいました。このように考える初学者は多いのですが、やり方とその絶大な効果は、やってみなければ分かりません。




やり方は、「筋肉トレーニング」と考えれば間違いがありません。




声を出す筋トレは・・・

大きな声を出す

口を動かす

喉を使う

顎を動かす

歯を使う

息を出す

頬を使う

時には手を動かす

歩きながらやる

他にも色々あると思います。




いずれにしろ、筋肉を使います。

つまり、場合によっては、筋肉痛になります。




そうしないと、うろ覚えに留まり、使いものになる英語にならないのです。




手を使う場合も、時には手が痛くなるくらいやる必要があるでしょう。

それと、黙々と書くばかりの自己満足に陥らないようにしなければなりません。




大変ですが、毎日少しずつでも継続したら、大変大きな成果を生みます。

例えば、1日10分、いや5分間、本気になって英文を音読してみれば、このことが実感できて「信じる」気になるかも知れません。




私は、最近、英文をカードに手書きする → read & look-upをする → カードを捨てる(実際は、書いた内容を一気消しして再利用します)という調子でやっています。




質問・相談・・・ 
ここをクリック


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村










スポンサーサイト

英語フレーズノートによる復習を回数多く、より効果的にするには




ESSW: English Study Skill Workshop

英語フレーズノートによる復習を回数多く、より効果的にするには


英語は実際に使ってみて「獲得」ができます。その準備には、英語フレーズノートをめくって、脳味噌に英語の微弱電流を流し続けるようにします。

ところが、この英語フレーズノート(単語帳風で、フレーズ以上、センテンス以下の長さの英語表現集)を開くのが心理的に苦しくなることがあります。

どうしてかえば、自分との距離が遠いからです。そして、親しみを持てないからです。と言うことは、それが好きでないのですね。

どうしたら、ノートとの距離が縮まり、親しみが持てて、好きになれるのでしょうか。

私は、そのノートを開けると、書き込んだメモやマークが目に飛び込んで来て、それが、苦心して覚えた足跡と感じることができれば、好きになると思います。だから、自由に色々書き込むのですね。それを担保するのが、消えるボールペンです。




記憶の仕方は、read & look-upが良いですね。

look-upは、言うことと書くことです。

両方とも、筋トレのようにやります。




言う場合だったら、歩きながらリズムを取って言うとか、口や喉などの筋肉をしっかり使って声を出すことです。筋トレをやるつもりで声を出さないと、いつまでもうろ覚えだからです。

書くことは効果的ですが、最近私は、カードに英語フレーズを書いて、覚えたら一気に消すやり方が気に入っています。

カードは、覚えるための道具と考えてやります。

胸ポケットに入れておいて、その夜には、一気に消してカタルシスです。





質問・相談・・・ 
ここをクリック


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村









学習意欲を高め、効率を上げる2つの作業




ESSW: English Study Skill Workshop

学習意欲を高め、効率を上げる2つの作業

「(学問は)倦まず弛まず努めよ、方法は如何様でもよかろう」を可能にするには、2つあり、その2つは補完しあう様に思います。


例えば、100のセンテンスを選び出して、記憶するとします。

いったん記憶した後、その復習は、記憶があやふやな例えば20に集中する様にします。
つまり、100から記憶した80を消して、20です。

或いは、100からまだ記憶してない20を選んでも20です。




上は、記憶したものを「デリート」して、残りを20にする。

もう一つが、まだ記憶してないものを20「ハイライト」して目立たせます。




それぞれの主なメリットは・・・

デリートすると、カタルシスが味わえるので意欲が湧きます。

ハイライトすると、苦心の足跡が残るので意欲が湧きます。




前者については、何度も書いて来たので省きますが、後者では、色や形を変えて、マークをつける様にします。

例えば、最初は○、次の復習を終えても、将来復習を要すると感じるものは◎という風に書き込んで行き、記憶したら×印をつけておけば良いでしょう。




白地に黒い文字の場合は、赤色がハイライトに良いと思います。



普通の消しゴムで消すことができる赤色の鉛筆やシャープペンシルも出ています。

ですが、将来、様々にハイライトしたマークや、書き込んだメモなどを一気に消せるボールペンは便利です。




この様に、復習対象文100をハイライトすることから始まり、デリートしたり、ハイライトしたり、最後にまたデリートしたりして、2つのやり方は相互に補完しあって、意欲化と効率化に寄与します。






質問・相談・・・ 
ここをクリック


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村









英語に親しむ英語学習法 (digitalcastをパソコンで使って)



ESSW: English Study Skill Workshop


英語に親しむ英語学習法 (digitalcastをパソコンで使って)


動画が流れる
英語フレーズが字幕として表示される
その下に日本語訳が字幕として表示される
勿論音声が聞こえる

右矢印を押すと1秒分進む
左矢印を押すと1秒分戻る
スペースキーを押すと動画が止まる
もう一度スペースキーを押すと動画が再開する

Digitalcastには、日英字幕付きのTED動画がたくさんアップされています。
それらから、最も面白そうな動画を選ぶと良いと思います。(あれこれ欲張らず、1つを選びましょう)

再生動画を動画キャプチャーで録画します。私は、「oCam」というフリーソフトを使っています。

それを再生して勉強します。私は、Gomplayerというフリーソフトを使っています。
このソフトはウイルス問題などがありましたが、唯一1秒単位で先送りや後戻しができるソフトです。read & look-up中心に勉強をしています。

フレーズ単位で音声も文字も日本語の助けを借りながら確認できるので楽です。





質問・相談・・・ 
ここをクリック


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村









英語学習の2つのアプローチとTexttowav




ESSW: English Study Skill Workshop

英語学習の2つのアプローチとTexttowav

 ものごとの把握は、全体を見渡すことと、細部を見つめることの両方によって為されると思います。


 英語学習でも同様で、全文理解とフレーズ理解の両方が大切と考えます。


 全文理解の具体例が、日本語と英語の字幕のついた動画を視聴したり、read & look-upなどをすることでしょう。これは、内容の面白さにつられて、たくさんの英語に触れることで、自然に英語の理解や記憶を深めるやり方です。「TED」のプレゼン動画はお薦めです。尚、digitalcastは、日英同時字幕付きのTEDです。


 フレーズ理解の具体例は、未知の単語と既知の単語から成るフレーズを何度も声を出してread & look-upをしたり、イメージで前後を1固まりに結合させるやり方です。こちらは、部分に焦点をあて、確実に理解・記憶を深めるものです。


 中級くらいまでは、日本語の活用をした方が良さそうです。TextToWavの日本語・英語読み上げも有効です。





質問・相談・・・ 
ここをクリック


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村